夏越しの祓え2018

6月30日は夏越しの祓え

一年の前半が終わる日に、半年の穢れを祓い、後半の半年間を無病息災で過ごせるよう願う大切な行事。

茅の輪をくぐって、水無月という和菓子を頂く、嬉しい日でもあります🍡

 

先ずは神社へご参拝。

今年は土曜日という事もあり、足を延ばして、新橋の烏森神社夏越しの大祓式👣

こちらの限定御朱印が素敵なのです💓

前日に観測事情初😲の6月中に梅雨明け☂となり、うだるような暑さ🌞の中、神社のある狭い路地を曲がると、

週末だからか、既に長い列!!

早速一つ目の茅の輪がお出迎え💛

側にある枝を見ると、おみくじとは違うくくりもの!?

さて、この正体はこの後明らかに❢

ジリジリと暑い路地を並びながら待つ…。

 

この先の階段を上がるといよいよ本殿です。

いやぁ、しかし暑い💦

日傘も全く厄、いや役に立ちません。

アスファルトの照り返しで足が焼けるよう…。

 

 

 

 

やっと本殿に到着~❢

こちらには二つ目の茅の輪が😃 茅の輪が二つもあるのは初めてです。

しかし、狭い神社のうえ、今日は列をなす参拝者に、八の字くぐり*は出来ず、そのままくぐる。

*正式な茅の輪のくぐり方は、左、右、左と三回八の字の様にくぐるのです

お賽銭を投げて、一礼二拍手👏

参拝を終えると、傍らに、ひとがたに切られた形代がありました。

氏名・年齢を記入して、またまた賽銭箱へ。

半年間の穢れをはらいました。

そう、鳥居脇に括りつけられていたものはコレだったのですねー。

 

参拝を終えたら、いざ❢ 御朱印。

社務所にも沢山の人、数種類の御朱印セットのうち、Aの御朱印のみを授かる。

これでーす❢

当日は既に用意されている御朱印ですが、茅の輪が描かれていて何だか嬉しい♪

6月半ばからいただけますが…。やっぱり今日でしょ!!

 

更に、入れられた袋を見ると…。思いがけなく、お守り長寿のお茶🍵のお土産が🎵

お守りは夏越大祓と書かれております、裏には茅の輪も、嬉しい~😃

 

沢山のご利益を頂いたら、食べて厄払い❢

水無月をいただきます😊

 

 

こちらが水無月❢

三角の外郎の上には、邪気を払う小豆が散りばめられており、その形は暑気を払う氷を表しております♪

お団子や大福同様、素朴なお菓子ながら、その名前から時候の菓子として、茶席でも良く登場します。

今年はお稽古含め、計5個も頂きました💦

それぞれに素材や風味の違いを愉しみました。

最後に頂いたこちらは地元、喜田屋 製。

桜の葉🍃が添えられているのが特徴、塩漬けの葉がサッパリと美味しゅうございました。

 

これで、2018年後半も息災で過ごせそうです👍